16期生(2022年度入室)

岩 崎  光
樫 原 よしの
鎌 田 もも子
嘉 山  旭
椎 野 颯 太
中 島 涼 斗
松 下 萌 子
三 島 康 稔
石 井 瑛 盛
久保田 紋 佳
竹 内 志 織
松 中 大 輝



2022年

  作成中です。順次、掲載予定です。 11/17

10月5日(水)~7日(金)、福島県双葉町、飯舘村でゼミの実習を行いました。震災から11年半余経ちますが、特に双葉町のほとんどは当時のまま残されています。まだ11年半余、もう11年半です。(10月7日FB投稿記事の再掲)

東日本大震災・原子力災害伝承館(双葉町)




宿泊した「つきだて花工房」(伊達市)の付近




菅野宗夫さんのお宅の「明大ハウス」にて。パプリカがたくさん実っていました。 10/6


菅野宗夫さんからお話をうかがう。


道の駅までい館にて




高橋日出夫さんはカスミソウからハイブリッドスターチスに切り替えていらっしゃいました。



9月14日(水)~15日(木)、ゼミ3、4年の有志で笛吹市の農園のお手伝いに行ってきました。ブドウの収穫、傘はずし、桃園の剪定枝の片付けなど、いろいろ体験しました。帰路、フルーツ公園の温泉に入り、さっぱりしました。(9月16日FB投稿記事の再掲)



ベリーAも収穫しました。




フルーツ公園からの眺め



7月23日(土)
 今日は藤沢市で有機農業を営む相原農場を訪ね、大豆の種まきをお手伝いしました。枝豆の収穫は9月中旬でしょうか?楽しみです。
 時間が前後しますが、後半は6/22に訪ねた練馬区の白石農園(大泉風のがっこう)とその後の飲み会(東久留米市)です。3回の日帰り調査を経て、有機と慣行の違いはありますが、都市(近郊)農家に共通しているものが見えてきたように思います。(7月23日FB投稿記事の再掲)

藤沢市の相原農場にて 7/23






練馬区 大泉風の学校にて(6/22)








6月15日(水)
 ゼミの3年生、石井君のお宅の農場(世田谷区)を訪ねました。露地イチゴの摘み取り、ぶどう狩りなど、消費者に近い都市農業ならではの作目、販売方法、また栽培法を学びました。






4月13日(水)
 第1回のゼミ対面で行いました。各自、関心について話した上で、環境・エネルギー、農協・食育、多面的機能、グローバル経済、限界集落などのグループを作りました。毎年、このグループ分けには苦労します(-_-;)。テキストの中から報告する部分を選びました。

使用テキスト 
春学期:
「農業と経済」編集委員会 (監修)、小池 恒男・ 秋津 元輝・ 新山 陽子 (編集)
『新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境』昭和堂

秋学期:
「農業と経済」編集委員会(編集)、季刊『農業と経済 食と農の世界をたてなおす』2021年夏号
を追加